>

歯列矯正の治療を気軽に受けるために

歯列矯正にかかる期間とは

歯列矯正にかかる期間とは

歯列矯正はその使用する器具によって治療にかかる日数が違います。
最短で矯正を行うことが出来るものはセラミック矯正です。
セラミック矯正では、対象となる歯の上から被せるセラミック製の人工歯ができてしまえば装着するのにほぼ1日程度時間があれば治療は可能となります。
またワイヤー矯正やマウスピース矯正の場合はそうはいきません。
ワイヤー矯正は1年から2年、またマウスピース矯正の場合は1年から3年程度かけて矯正を行うのです。
なぜワイヤー矯正とマウスピース矯正に矯正でかかる期間に違いがあるのか。
マウスピース矯正は取り外しが可能であるためです。
ずっと装着しているワイヤー矯正は器具の力が浸透しやすく、一方、マウスピース矯正は取り外せる楽さはあるものの、矯正効果が生じるのに時間がかかりやすくなってしまうのです。

治療だけに期間がかかるのではない

実はあまり知られていないことなのですが、歯列矯正は矯正治療だけで完了する治療ではないのです。
例えば2年程をかけてワイヤー矯正を行ったという場合、2年後に全ての治療が完了するということはあまりありません。
というのも、歯は矯正で動くように、何かのきっかけで変動するものだからです。
歯列矯正の治療を経て、やっと希望とする歯列に導いたとしても、普段の生活からまた歯列が元に戻ってしまっては高い費用をかけて歯列矯正した意味が無くなってしまいます。
そこで歯医者さんでは、矯正後も定期的に歯医者さんへ受診し、経過観察を行うことを推奨しています。
歯の状態だけでなく治療した矯正の状況も見てもらうことで、治療を完了とできるかどうか決める大切な作業です。
この経過観察は個人差はありますが、おおむね半年から2年程度かかります。


この記事をシェアする