>

歯列矯正の治療を気軽に受けるために

費用の違いはどのくらいか

歯列矯正にかかる費用

歯列矯正にはワイヤー矯正、マウスピース矯正、セラミック矯正など様々な矯正法があります。
またワイヤー矯正なら歯の表側に行う場合、裏側に行う場合、装着するワイヤーやブリッジの材質を変更するという場合も生じるでしょう。
この処置方法によってかかる費用は大きく異なります。
例えば表側にワイヤー矯正を行うという場合、対象となる歯が少なくて装着する器具も少ないという場合なら数十万円、もっとお安くなると10万円代ほどで治療を行うことができます。
またワイヤーを一見すると見えないホワイトワイヤーに変更する場合や歯の裏側に装着するという場合には、特殊な器具を準備することや器具を装着する技術に費用がかかるため平均として100万円前後かかることも。
一般的には歯列矯正で10万円から150万円が費用の相場とされています。

支払方法を自分なりに変えることも

歯列矯正の費用は高額になりやすいため、患者さんへの負担が多大です。
そもそも歯列矯正は保険適用外の治療で、かかる治療費はすべて自費負担となってしまうのが高額費用の原因です。
患者さんへの負担を減らすために歯列矯正の治療費は、様々な方法が導入されています。
例えばデンタルローンを利用する方法です。
ローン払いならローン会社が一括支払いしてくれるため、あとはゆっくり分割払いをすればいいのです。
またデンタルローン以外にも、支払方法を自分の払いやすい方法に変更するというのがあります。
トータルフィー制と処置別支払い制というものです。
トータルフィーは定額制の支払いとなり治療開始前に全額支払ってしまうもの、一方、処置別支払は処置を受けるその都度、支払いを行うことができます。


この記事をシェアする